052-777-2881
無料メール相談

さぶり整形外科ブログ

リウマチについて

2017年12月19日

女性に発症しやすい病気

関節リウマチは、関節だけの病気ではなく全身病です。貧血症状がでたり、体がだるくなったり、微熱がでることもあります。症状が悪化してしまう前に早めの診断・治療が必要です。

ひとつでも当てはまったら受診を

  • ドアノブを回しにくい
  • 靴紐が結びにくい
  • リモコンのボタンが押し辛い
  • ボタンがかけ辛い
  • 料理、書き物などの
    軽作業に違和感を感じる
  • 歯ブラシが持ち辛い
  • 箸がうまく使えない など

症状

関節リウマチの症状は、朝方に出やすく日中や夜は落ち着くのが特徴です。その為、起床後30分以内の身支度や朝食の準備などを行っている最中に30分以上続く、手のこわばり感を感じることで、初期症状に気づくことができるかもしれません。

原因

遺伝的要因や細菌・ウイルスの感染などが考えられていますが、原因はまだよくわかっていません。

予防と治療

治療は薬物療法が基本です。抗リウマチ剤と非ステロイド性消炎剤を基本として、症例によってはステロイド剤、免疫抑制剤、生物学的製剤が用いられます。補助療法として、ステロイド剤やヒアルロン酸製剤の関節内注射をおこないます。
手や足の周囲だけで比較的軽く経過する場合が多いですが、長い間に全身の関節に炎症が進み、最後には関節やときには背骨の手術が必要になる場合もあります。原因が不明なため有効な予防法はありませんが、症状を悪化させないためには適切な休養と栄養、そして運動が重要です。

診療案内

  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 首・肩の痛み
  • 手・指の痛み
  • 足の痛み
  • 関節リウマチ
  • 交通事故治療
  • 労災・通勤災害
  • 在宅医療