名古屋市西区にあるさぶり整形外科の手や指の症状ページです。

052-777-2881
無料メール相談

手・指の痛み

手・指の痛み

日常の作業を助ける大切な場所

日常生活の中で手や指はたくさん使うため、負担がかかりやすい部位です。手や指に力を入れるスポーツ、パソコン作業など長時間に渡り細かく動かす作業や加齢が痛みの原因とされています。

ヘバーデン結節

症状

手指の第1関節が赤く腫れる、曲がる、痛む、第1関節の動きが悪い、第1関節の近くに水ぶくれのような透き通ったでっぱりができる。

原因

原因は不明です。一般に40歳代以降の女性に多く発生すると言われていますが、遺伝性は証明されていません。手を良く使う人にはなりやすい傾向があります。

予防と治療

第1関節が痛むときは安静を心がけましょう。投薬、局所のテーピングなど。痛みが改善しないときや変形がひどくなり日常生活に支障をきたす場合は、手術を考慮することもありますが、稀です。

ばね指

症状

指の付け根が痛む、指のひっかかりがある、指の付け根が腫れる、熱感がある。

原因

更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じやすい。糖尿病、リウマチ、透析患者にも発生しやすい。親指、中指に多くみられます。

予防と治療

局所の安静や投薬、腱鞘内ステロイド注射など。改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術をおこないます。

ガングリオン

症状

関節の周辺や腱鞘のある場所に米粒大からピンポン玉大の腫瘤ができる、しびれる、痛む。

原因

ガングリオンは関節包や腱鞘の部分から発生します。女性に多く見られますが、必ずしも手をよく使う人に見られるわけではありません。

予防と治療

注射器で吸引し内容物を排出します。ガングリオンに力を加えて押し潰す治療法もあります。痛みが強い場合や、再発を繰り返す場合は手術も必要です。

診療案内

  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 首・肩の痛み
  • 手・指の痛み
  • 足の痛み
  • 関節リウマチ
  • 交通事故治療
  • 労災・通勤災害
  • 在宅医療