名古屋市西区にあるさぶり整形外科の腰痛治療ページです。

052-777-2881
無料メール相談

腰の痛み

腰の痛み

腰の痛みは慢性疾患の第1位

通院されている患者さんの中でも腰痛は最も多い症状の1つです。普段の日常生活において、体に大きな負担をかけ続けたり、生活習慣の乱れが重なると、腰痛を発症する危険性が高まります。腰痛の主な原因には、「筋肉や骨の障害」、「神経の障害」の他に「ストレス・不安・うつなどの精神的・心理的要因」、「内科的疾患(内臓の病気)」などが考えられます。悪化してしまう前に早めの受診をしましょう。

こんな症状の方はお早めにご相談を

  • 慢性的に腰が痛い
  • 姿勢や動作に関係なく痛い
  • 腰を前に曲げた時に痛い
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰を後ろに反らせた時に痛い
  • スポーツをすると痛む
  • ぎっくり腰

腰椎椎間板ヘルニア

症状

腰や臀部が痛む、下肢のしびれ・痛み、足に力が入りにくい、重い物を持ったりすると痛みが強くなる。

原因

椎間板は背骨をつなぐクッションの役目をしています。その一部が出てきて神経を圧迫して痛みが出ます。
悪い姿勢での動作や作業や加齢などにより椎間板が変性して起こります。

予防と治療

痛みが強い時期には、消炎鎮痛剤の内服や坐薬、神経ブロック注射(神経の周りに痛みや炎症を抑える薬を注射する)を打ち、痛みをやわらげます。痛みが軽くなれば、運動療法をおこないます。
下肢の脱力、排尿障害があるときには手術をおこなう場合もあります。自宅では腰を温めたり、コルセットを装着すると痛みがやわらぎます。

ぎっくり腰

症状

立っていられないほどの激痛が腰に走る、痛みがひどい場合その体勢のまま動けなくなる、体をちょっと動かすだけでも痛む、腰に軽く触れるだけでも激しく痛む。

原因

腰の筋肉の肉ばなれ、椎間関節のズレや捻挫、靭帯の損傷、関節を包む薄い膜(関節包)の損傷など。

予防と治療

薬で痛みを和らげる「薬物療法」、患部を温める「温熱療法」、コルセットなどで腰を保護する「装具療法」、腰痛に効果的な体操をおこなう「運動療法」などをおこないます。

腰部脊柱管狭窄症

症状

背筋を伸ばして立つ・歩くなどをすると太ももや膝から下に痛みやしびれを感じる、四肢の力が落ちる、肛門周辺のほてり、尿の出が悪い、尿もれ。

原因

加齢や労働、背骨の病気で変形した椎間板と背骨や椎間関節から突出した骨などによる神経の圧迫から神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

予防と治療

内服治療、リハビリテーション、コルセット、神経ブロックや脊髄の神経の血行を良くする薬など。歩行障害が進行し、日常生活に支障が出てくる場合には手術を行うこともあります。

働き盛りは腰が痛い

その腰痛、1ヶ月以上続いていませんか?

昨今、腰痛に悩むビジネスマンは少なくありません。長引く腰痛を抱えているのは40代だけでなく、若手のビジネスマンも増えています。
「職業柄仕方がないから」と思っている人もいらっしゃいますが、放置してしまうと深刻な状況になってしまう場合もあります。
腰痛が1ヶ月以上続く場合は、早めの受診をおすすめします。

  • 夜19時まで診療

    仕事帰りでも通いやすい夜19時まで診療しています。

  • 駐車場完備

    医院前と周辺に駐車場を完備しています。車通勤の方もお気軽にご利用いただけます。

  • 専門性の高い治療

    理学療法士による運動療法、柔道整復師による施術の両方ができます。

診療案内

  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 首・肩の痛み
  • 手・指の痛み
  • 足の痛み
  • 関節リウマチ
  • 交通事故治療
  • 労災・通勤災害
  • 在宅医療