052-777-2881
無料メール相談

さぶり整形外科ブログ

足関節捻挫

2017年12月19日

症状

外くるぶしの前や下が痛む、腫れる、外くるぶしの前や下を押さえると痛む。

原因

スポーツ、歩行時につまずいたりして受傷します。とくに足を内かえしして起きる場合が多いです。足関節の靭帯が伸びたり、切れたりして、痛みや不安定感が出現します。

予防と治療

サポーターや弾力包帯などで固定を行います。固定期間はさまざまですが、2~3週間に及ぶこともあります。また急性期は冷やすことが重要です。炎症が落ち着いてきたら運動療法なども行い、スポーツへの復帰を考えていきます。また靱帯の損傷がひどい場合や不安定性がある場合は手術をすることもあります。

診療案内

  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 首・肩の痛み
  • 手・指の痛み
  • 足の痛み
  • 関節リウマチ
  • 交通事故治療
  • 労災・通勤災害
  • 在宅医療