052-777-2881
無料メール相談

さぶり整形外科ブログ

ガングリオン

2017年12月19日

症状

関節の周辺や腱鞘のある場所に米粒大からピンポン玉大の腫瘤ができる、しびれる、痛む。

原因

ガングリオンは関節包や腱鞘の部分から発生します。女性に多く見られますが、必ずしも手をよく使う人に見られるわけではありません。

予防と治療

注射器で吸引し内容物を排出します。ガングリオンに力を加えて押し潰す治療法もあります。痛みが強い場合や、再発を繰り返す場合は手術も必要です。

診療案内

  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 首・肩の痛み
  • 手・指の痛み
  • 足の痛み
  • 関節リウマチ
  • 交通事故治療
  • 労災・通勤災害
  • 在宅医療