052-777-2881
無料メール相談

さぶり整形外科ブログ

腰部脊柱管狭窄症

2017年12月19日

症状

背筋を伸ばして立つ・歩くなどをすると太ももや膝から下に痛みやしびれを感じる、四肢の力が落ちる、肛門周辺のほてり、尿の出が悪い、尿もれ。

原因

加齢や労働、背骨の病気で変形した椎間板と背骨や椎間関節から突出した骨などによる神経の圧迫から神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

予防と治療

内服治療、リハビリテーション、コルセット、神経ブロックや脊髄の神経の血行を良くする薬など。歩行障害が進行し、日常生活に支障が出てくる場合には手術を行うこともあります。

診療案内

  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 首・肩の痛み
  • 手・指の痛み
  • 足の痛み
  • 関節リウマチ
  • 交通事故治療
  • 労災・通勤災害
  • 在宅医療