052-777-2881
無料メール相談

さぶり整形外科ブログ

頚椎症

2017年12月19日

症状

首や肩が痛む、腕に痛みやしびれが出る、足がもつれる、歩行障害。

原因

加齢変化が主な原因です。背骨をつなぐクッションの役割をしている椎間板や首の骨の関節の一部などが神経の方向へ飛び出すことによって起こります。中年以降に発症します。悪い姿勢での仕事やスポーツなどが原因になることもあります。神経根の圧迫、脊髄の圧迫など場所によって症状に特徴があります。

予防と治療

鎮痛消炎剤の服用や、神経ブロック注射などで痛みをやわらげます。症状に応じて牽引療法をおこなったり、運動療法をおこないます。首の安静保持を心掛け、頸椎カラー装具を用いることもあります。

診療案内

  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 首・肩の痛み
  • 手・指の痛み
  • 足の痛み
  • 関節リウマチ
  • 交通事故治療
  • 労災・通勤災害
  • 在宅医療